home>水まわりのリフォーム>トイレのリフォーム

トイレのリフォーム

トイレのリフォーム

毎日の暮らしの中でなくてはならないトイレ、最近のアンケートでは家の中で落ち着くことが出来る場所のひとつにも なっていたりするそうです。そんな毎日使うトイレだから各メーカーも抗菌処理やお掃除のしやすさだったり色々工夫を 凝らしています。また家の中での水道の使用量としてもトイレは大きなウエイトを占めていますので、エコの観点からも 節水出来るタイプが主流になっています。落ち着ける場所のひとつとして快適に過ごしていただくためにトイレのリフォームを 考えてみてはいかがでしょうか?

トイレを選ぶときのポイントは?

  • トイレの空間の広さによって形や機能を選ぶ
  • 毎日使うものだから掃除のしやすさは重要
  • 洗浄便座や節水能力などエコやコストの面は?
  • 今付いている便器の配管位置はそのまま使えるの?

便器の種類

便器も洗浄方式や節水能力の違いでいくつかの種類に分かれています。もちろんそれぞれ特徴があるので自分の 求める機能などを知っておくことがポイントです。

形状・給水方式の違い

ロータンク式

ロータンク式 タンクにたまった水をフロートバルブの動きによって流す方式。一般的に住宅などで使用されています。タンク式のため 給水圧力が弱い建物などでも使用できます。また、いちばん種類も豊富なので機能や価格など選ぶことが出来るのもメリットです。

フラッシュバルブ式

フラッシュバルブ式 中にパッキンの入ったプレートが入っていてレバーを下げることによりプレートを開けて水を流す仕組みになっています。 タンクが必要ない分コンパクトに便器を設置することが出来ます。また直圧式であるため店舗など頻繁に使用される場所では 採用されることが多いです。ただ直圧式のため断水時には使用出来なくなるデメリットもあります。

タンクレスタイプ

タンクレストイレ 限られた空間を有効利用できるタンクレスタイプが最近は増えてきています。タンクが無いため奥行きが短くスペースも 広く取れ、掃除もしやすいのがメリットです。ただ直圧給水方式のため必要給水圧力が不足していると汚物を洗浄出来ない場合 もあるので、特に3階以上の建物や配管の古い住宅など、あらかじめ設置箇所の給水圧力を確認することが必要です。

洗浄方式による違い

洗い落し式

洗い落し式 水の落差による流水作用で汚物を流す方式です。構造がシンプルで安価、水たまり面が狭いので用便時に水はねが おこりにくいのも特徴です。ただ他の方式に比べて臭気や洗浄音の面では劣ります。

※TOTO CS140、INAX C13Rなど

サイホン式

サイホン式 サイホン作用で汚物を吸い込むように排出する。水たまり面は洗い落し式よりは大きいがサイホンゼット式よりも 狭いので乾燥面に汚物が付着することも。

※TOTO CS60B、INAX サティスアステオシリーズなど

【サイフォンの原理】
隙間のない管を利用して液体をある地点から目的地まで途中出発地点 より高い位置を通って導く装置であり、このメカニズムをサイフォンの原理という。
(ウィキペディア引用)

サイホンゼット式

サイホンゼット 排水路に設けられたゼット穴から噴き出す水が強いサイホン作用を起こし、吸い込むように排出します。水たまり面が 広いため、汚物が水中に沈みやすく臭気の発散が抑えられ、また乾燥面への付着が少ないのが特徴です。

※TOTO CS260Bなど

トルネード洗浄方式

トルネード洗浄 リムに設けられた吐水口と便器底から水流を勢い良く噴出し、汚物を流すと同時に便器の中を洗浄出来る仕組みになっています。 節水出来るトイレを作るために考えられた物で、最近では1回4.8Lの水で流せる物も発売されています。水たまり面は広いため、 汚物が水中に沈みやすく、臭気の発散が抑えられ洗浄音も静かです。また従来あったフチが無くなったため、掃除も楽になりました。

※TOTOネオレスト

最新のトイレはここが違います!

掃除のしやすさへの配慮

汚れが付きにくい便器 メーカー各社とも水流を旋回させて汚れを落としたり、泡洗浄で隅々まできれいにしたりなど新たな工夫を施した製品が 発売されています。また掃除がしやすいように従来の陶器に加えて水アカが付きにくい有機ガラス系の新素材を使用した便器も あります。それぞれの特徴をしっかり吟味することで選ぶのが大事です。

※ツルツルの陶器表面とイオンパワーで汚れがつきにくくなっています。また洗剤の使用頻度や使用量も 減らすことも出来ます。
【写真】TOTO セフィオンテクト

節水機能の進化

ネオレストハイブリッドシリーズAH 洋風便器を使用したときに流す水の量は1970年代くらいには13Lが主流でした。しかし最近では各メーカーとも節水技術や 洗浄便座の省エネ技術の進化によって、たとえばTOTOの「ネオレストハイブリッドシリーズAH」ではなんと4.8Lになっています。 メーカーの試算では年間約¥16,793円もお得になります。

【TOTO】ネオレストハイブリッドシリーズAH

CO2を83㎏/年削減

便器の種類による機能比較表

  タンクレス一体式 サイホンゼット式 サイホン式 洗い落し式
流れ
水はね
臭気
洗浄音
掃除のしやすさ
設置スペース 小さい 普通 普通 普通
節水能力 高い 安い
価格 高い 安い