home>キッチンのリフォーム

キッチンのリフォームのすすめ

水まわりのリフォームを考えたときに、まず一番頭に浮かぶのがキッチンではないでしょうか?機能的でキレイなシステムキッチンは毎日の料理も楽しくさせてくれます。最近ではアイランドキッチンなど家族みんなの顔が見えるものも人気です。また食洗機や浄水器などの設備も昔では考えられないくらい進化しています。私たちはあなたのライフスタイルにあった最適なキッチン選びをお手伝いさせたいただきます。

システムキッチンのタイプ

キッチンはリビングと一体にして開放的にするか、また独立させるかで変わってきます。ここで何種類かあるタイプをまとめてみました。

クローズドタイプ

クローズドタイプキッチン

キッチンをリビングと完全に間仕切り独立させたタイプ。キッチンを見せたくない方はこちらにするのが良いかと思います。

セミクローズドタイプ

セミクローズタイプキッチン

吊り戸とキッチンの間の壁を開けて対面させたタイプ。

オープンタイプ

オープンタイプキッチン

キッチンを壁付けにしてダイニングと一体化するタイプ

セミオープンタイプ

セミオープンタイプ

キッチンを壁付けにし背中にカウンターを置くことによって区画を仕切るタイプ

オープン対面タイプ

オープン対面タイプキッチン

キッチンの上に吊り戸をつけず棚を壁付けにしたタイプ。キッチンを開放的にみせる事ができ、小さなお子様の遊ぶ姿をみながら家事をすることができます。

キッチンのレイアウト

折角キッチンをリフォームしたのに、使い勝手が悪くなっては意味がありません。一般的にはI型とL型のふたつがありますが、レイアウトによってはある程度の広さが必要になります。「使い勝手」と「キッチンの広さ」このふたつのポイントを押さえてレイアウトすることが大切です。

I型キッチン

I型キッチン

シンク、コンロなどを1列に配置します。平行移動で使う事になるので、狭いスペースにも向いており、オープン、クローズと幅広く対応出来ます。

L型キッチン

L型キッチン

ワークトップ(天板)をL型に配置します。作業スペースが広く取れ移動も短くてすみます。ただコーナーの使い勝手を考えたものを選ぶことがポイントです。

アイランド型キッチン

アイランドキッチン

カウンターの一部を壁につけずに独立させたタイプです。広いスペースが必要になりますが、多人数で作業するには向いています。

ペニンシュラ型キッチン

ペニンシュラ型キッチン

ワークトップの一部を壁につけ他の部分を半島のように壁から突き出させたタイプです。

キッチンを選ぶ際のもうひとつのポイント

レイアウトや形を選ぶのも大事なことですが、もうひとつのポイントとしてワークトップの高さが重要です。毎日長時間の立ち仕事で腰には非常に負担がかかっています。そのためカウンタートップの高さも良く考えて選ぶことが大切。高さを選ぶ際の基準としては「身長÷2+5cm」が良いとされています。メーカーによって高さもまちまちですが、平均的な高さは85cmで、80cm~90cmのサイズがあります。

最適なキッチンの高さは 身長÷2+5cm が目安です。

システムキッチンの各パーツ

システムキッチンは大別してシンク、コンロ、収納部に分ける事ができますが、オプションで食器洗浄機や浄水器、収納にもいろいろなものが用意されています。

シンク

静音設計

シンクは耐久性が高くお手入れもしやすいステンレス製のものが一般的に使用されています。大きさは、コンパクトサイズ、セミジャンボサイズ、ジャンボサイズがあり間口の広さによって合わせる事ができます。最近は大きめのサイズのものが人気があるようですが、コンパクトサイズでも大きな鍋も普通に洗えるので、家族の人数や好みにあわせて選べば良いとおもいます。また静粛性の高いものもあります。

ステンレスシンク

ステンレスシンク

人造大理石シンク

人造大理石シンク

カウンタートップ

ステンレス製のものや人造大理石製のものがあります。オープンタイプやオープン対面タイプの見せるキッチンなら見た目も重要ですよね、どうしても汚れやすいので、掃除のしやすさも気になります。ステンレス製のものは耐久性が高くラフな使い方ができるのが特徴です。万が一、傷がついても目立たないようエンボス加工がされているものもあります。

人造大理石製のものは高級感があり、見た目もよく、インテリア性にこだわる方に良いとおもいます。衝撃や薬品にも強いのも特徴ですが、こちらはステンレス製の物と比べて価格が高くなります。

ステンレストップ

ステンレストップ

人造大理石トップ

人造大理石トップ

モディッシュライン

デザインタイプ

収納キャビネット

従来のキッチンとシステムキッチンで大きく違うのが収納方法だと言えます。手入れや使い勝手を考えた様々な収納パーツを選ぶことが出来ます。背が高くない方でも物の出し入れがしやすいような工夫があったり、まさかの地震の際にも物が落ちないような工夫もされています。最近では開き戸タイプよりはスライドキャビネットが人気のようです。

クイックポケット

クイックポケット

使いたいときにすぐに取り出せ、使った後は元の場所にサッと戻せます。目の高さに近いので使い勝手が非常に良いです。

フラップ折れ戸タイプウォールキャビネット

フラップ折れ戸キャビネット

はね上げタイプの扉なので開けたまま作業が可能で、収納がひと目で見渡すことが出来ます。

ダブルストッカー

ダブルストッカー

収納密度が高く上段に日常使いの道具を集中して収納することが出来ます。楽な姿勢で取り出せるのもポイントです。

このほかにもいろいろな収納パーツがあり、メーカーやシリーズによって違いがあります。毎日使うキッチンだから一番気になる部分です。ショールームなどで実際に触れてみて選ぶのが良いと思います。

水栓

最近のシステムキッチンの水栓はつまみを上げることで湯水を出したり左右にまわして湯温の調整のできるシングルレバー混合水栓が主流で使用されています。水栓のヘッド部が伸ばして使えるシャワーヘッドや、浄水器が一体になったもの、レバーを操作しなくてもセンサーがついていて水の出し切りができ、節水効果のあるものもあります。

タッチレス水栓

タッチレス水栓

調理で手が汚れていてもセンサー式なので大丈夫です。こまめに水を止めることになるので、節水効果もあります。

アルカリイオン整水器

アルカリイオン整水器

話題のアルカリイオン整水器もシステムキッチンならすっきりと納まります。キッチンの上がごちゃごちゃしないのでアイランド型でも安心です。

オールインワン浄水器

オールインワン浄水器

浄水器とシャワー水栓が一体になっているので見た目もすっきりします。シャワーも伸びるのでシンク周りのお掃除にも便利です。

加熱調理器

ガスコンロ

熱源はガス式のものと電気式(IH)があります。ビルトインタイプなので一体感があり非常にスッキリと収まります。火力や機能により様々な種類を選べるようになっていますので、使う機能や掃除のしやすさなどで選ぶこととなります。

IHクッキングヒーター
ガスコンロ

ガス式は昔から普及している為リフォームにかかるコストを押さえることが出来ます。掃除の面で、IHヒーターと比べられることもありますが、ガラストップコンロなら掃除は楽になります。また炎を直に確認できるので火力の調整もしやすいのが魅力です。昔からあった天ぷら油や空焚きよる火災をおきにくくするよう、温度、空焚きセンサーのついたものも普及していますが、やはり使用時は注意が必要です。

IHクッキングヒーター

IHについては昔よりも性能がよくなり、ガス式に負けない火力があります。またパネルが平らな為にガス式と比べて掃除のしやすさが魅力です。しかし、専用の電源をひく必要がありリフォームする場合値段が高めになります。また燃費もガスと比べて高めになります。

レンジフード

深型レンジフード 平形レンジフード

現在換気扇とフードが一体になったものが主流でフードには主に深型と平型があります。深型の方が比較的安価で吸込みもこちらの方が強い場合が多いです。しかし、コンロの上部とフードの下部の間隔を消防の指導により一定間隔の距離を取るため、天井高が低い場合や梁がある場合は平型を取り付ける必要がある場合もあります。またレンジフードをつける際に給気口も考えて計画する必要があります。

深型レンジフード

深型レンジフードは価格も比較的安価で吸い込み能力も強いのが特徴です。ただ、平形に比べると掃除のしやすさでは劣る部分があります。また、システムキッチンの場合、パネルとの一体感と言う意味では平形に一歩譲ります。

平形レンジフード

平形レンジフードはなんと言ってもパネルをキッチンと共通にすることで一体感がありスタイリッシュになることです。また梁の出っ張りにも対応するので取付場所に困ることもありません。上位機種ではコンロとの連動運転が出来る物もあるので、つけ忘れや消し忘れがありません。

食器洗い乾燥機

食器洗浄機

食器の洗浄から乾燥までを自動で行います。システムキッチンに組み込むタイプ(ビルトイン)と家電量販店 などで購入してきてあとから接続するタイプのものがあります。家事の負担を減らしてくれるので、最近人気が上がってきています。あとから接続するものだと設置スペースが必要になり、ワークトップがその分狭くなるので、キッチンをリフォームするのなら思い切って一緒に取り付けたほうが良いと思います。

給気口の検討について

給気口

最近の住宅のスタイルとして高密度、高断熱の住宅が主流です。またシックハウス法により24時間換気が義務づけられ各部屋に給気口を取り付けるようになりました。しかし、レンジフードの吸込み性能も昔と比べて良くなっています。吸込みが強いため、各部屋に取り付けてあるはずの給気口だけでは足りない(負圧の)お宅もあるのではないでしょうか?

調べる手段としては、窓は全て締めて、給気口のみ開けた状態でレンジフードをまわし、玄関の扉を開けてみて下さい。扉が非常に重くなり開けられない状態なら給気が不足してると考えられます。その場合は給気口を増やすことで解消できます。

お問い合わせはTEL075-592-6022