home>エコ給湯システム>エコ給湯システム2

エコ給湯システムの機能比較

各エコ給湯システムの機能比較

何を基準に選べば良いのか?

エコ給湯システムには様々な種類があるけれど、どれを選べば良いのか分からない方もおられると思います。機種選びのポイント としては次のようなものになると思われます。

  • 導入コストはどれくらいか?
  • ランニングコストはどれくらいか?
  • 対応年数で比較した場合のトータルコストは?
  • 設置場所の問題は?
  • 環境に対する性能はどれが良いのか?
  • 使用するお湯の量や頻度はどれくらいか?

導入を検討される方にとってはそれぞれ重視する項目に違いがあります。当社は様々な比較検討をすることによってお客さまのライフスタイルに合った最適な提案をさせていただきます。お見積りは無料でさせていただきますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはTEL075-592-6022

給湯システムの機能比較表

  エコジョーズ エコキュート エコウィル エネファーム
熱源方式 ガス 電気 ガス ガス
エネルギー効率 約95% 約300% 約85% 約80%
CO2排出量 従来のガス給湯器と比べて約13%~15%減 燃焼を伴わないため排出しない 現状の給湯暖房システムに比べて約30%減 燃焼を伴わないためほとんど排出しない
湯切れの心配 なし あり なし なし
家庭用発電機能 なし なし あり あり
設置スペース 小さい 大きい 大きい 大きい
導入コスト目安 20~40万円 30~70万円 80万円前後 350万円程度
メンテナンス 従来のガス給湯器と変わらないメンテナンス メーカー保証は一般的に給湯機2年、コンプレッサー3年、タンクが5年 エンジン式のため車検と同じように定期点検が必要 消耗品の交換や定期点検が必要
補助金等
※H22.4現在
2.2万円上限
(平成21年度)
4.1万円
(平成21年度)
12.4万円
(平成21年度)
140万円
(平成21年度)
H22.8末まで
ランニングコスト

補助金など概要についてのリンク