home>エコ給湯システム

地球にも家計にもやさしいエコ給湯システム

家庭の消費するエネルギーの内、給湯の占める割合は3分の1

家庭で使うエネルギーの内訳 家庭で使うエネルギーはテレビや照明などの電気、または冷暖房など色々ありますが、なんと給湯の占める割合は約3分の1!このため給湯に使用するエネルギーを減らすことは、家計の負担を減らすために、とても高い効果があります

色々なエコ給湯システム

近年、環境に対する関心が高まり給湯システムにおいても従来よりも省エネルギー・CO2排出量削減を売りにした製品が各方面から発売されています。当社もお客さまよりご質問を頂いたりして関心の高さを実感しています。ただ熱源方式をとっても電気、ガスとそれぞれ一長一短があり、違いを認識されている方が少ないのも事実です。当社もリフォームや新築をお考えの方にそれぞれの特徴をご説明した上でお客さまにあった最適なご提案をしています。

現在発売されている主なエコ給湯システム

各給湯システムの機能比較表はこちらへ

ランニングコストや設置コスト、またCO2排出量などそれぞれに違いがあります。建物の状況によっては設置が出来なかったり、補助金などの対応も地域によって違いがあります。また製品によっては定期的なメンテナンスが必要な場合もありますのでそれぞれのメリット・デメリットを掴んだ上で、導入を検討されるとよいと思います。

エコジョーズ

エコジョーズとは?

エコジョーズ 従来のガス給湯機では約80%だった給湯熱効率を排熱を利用することで約95%まで高めることが出来ます。これにより従来のガス給湯器と比べ省エネを実現し、大幅なランニングコストを図ることが出来ます。

またCO2排出量においても大気中への不要な熱の放射をカットすることで従来のガス湯沸器に比べて約13%減らすことが出来ます。エコキュートやエコウィルなど貯湯タンクが必要なユニットに比べ設置スペースにおいても従来のガス給湯器との交換で済むためマンションなどのリフォームにも最適です。

各種の補助金制度

エコジョーズなどの潜熱回収型給湯器を使用することでガス料金がたとえば東京ガスの場合だと約3%お得になるサービスがあったり、高効率給湯器の普及を目的にした国の補助金制度などの対象にもなっています。

エコジョーズを選ぶポイント

  • 高い熱効率によりランニングコストが削減できる
  • 従来の給湯器スペースに設置が可能なためマンションなどにも最適
  • 国の補助金制度などもあり導入コストも割安

ガス給湯器の号数について

号数はどれだけのお湯が使用できるかの目安になるもので、シャワーと洗面所、キッチンで同時使用が可能なのが20号以上となります。ただ20号では冬は若干お湯の出が細くなることも。4~5人家族で使用するならば24号を選ぶ方が良いでしょう。また2階にキッチンがあるなどの場合によっても能力等が変わってきますので、あらかじめ機種選びの際にはご相談頂いたほうが良い場合もあります。

給湯器の号数
おすすめのエコジョーズ
エコジョーズ エコジョーズ機能

高い省エネ効率とマンションや従来からの給湯器の交換品としてもぴったりと話題の「エコジョーズ」をお求め安い価格でご提供いたします。年間のランニングコストも従来の給湯器と比べて約15%削減で環境にも家計にもやさしい商品です。

ノーリツ給湯器「エコジョーズ ユコアGT」
GT-C42SAWX(本体+メインリモコンセット)

別途:標準工事費39,500円(税込)

エコジョーズ50%OFF

※標準工事費は既存給湯器(オート・フルオートタイプ壁掛式)からの取替工事の金額となります。
※新設及び追いだき配管、リモコン配線の新設等は別途お見積りいたします。
※ドレン配管は地盤面までの配管となります。(階上の場合を除く)

問い合わせ先はTEL075-592-6022まで

エコキュート

エコキュートとは?

エコキュート エコキュートは家庭用の自然冷媒ヒートポンプ式給湯器の愛称です。「空気の熱でお湯を沸かす」というキャッチフレーズで言われる通り、お湯を沸かすのに燃焼が伴わないためCO2を排出しないのが特徴です。また割安な夜間電力でお湯を沸かし、タンク内の残湯量に応じて沸かし増しする仕組みになっています。エコキュートには給湯専用の他、自動湯はり・足し湯・高温足し湯の出来るセミオートと、自動湯はりの他に保温・足し湯・追いだきの出来るフルオートの3種類あります。

高いエネルギー効率

空気の力でお湯を沸かすエコキュートは使用する電気エネルギーの3倍のエネルギーでお湯を沸かします。最近では省エネ効果が約4倍の タイプもあります。投入するエネルギー以上に高めて利用出来るので、ガスなどの化石燃料を直接燃やして得られる以上のエネルギーになります。

エコキュートを選ぶポイント

  • オール電化住宅には最適
  • 使用する電気の3倍以上の熱エネルギーを得ることが出来る
  • 割安な夜間の電気を使ってランニングコストを削減する

エコウィル

エコウィルとは?

エコウィル 電気をつくり、そこで生まれた熱も利用するなど1つのエネルギーから、電気や熱など2つ以上のエネルギーを同時に取り出すことができるシステムを、コージェネレーションシステムと言います。家庭用コージェネレーションシステムの1つがガス発電・給湯システムのエコウィルです。都市ガスやLPガスを燃料として、小型のガスエンジンで発電し、その排熱を利用して給湯や暖房を行います。

エコウィルで1kwの発電をする際に発電する排熱は2.8kw、給湯器であると同時に家庭用の発電機でもあるので省エネとCO2削減に貢献出来ます。また発電効率を高めるために、太陽光発電と組み合わせることも出来ます。

学習機能

貯湯タンクにお湯を貯めるのは電気温水器と同じだが、学習機能によって電気・給湯・暖房の使用料の多い時間帯を中心に運転します。 ガスならではの瞬間式補助熱源機が内蔵されているので、万が一タンク内のお湯がなくなったとしても湯切れの心配がありません。

エコウィルを選ぶポイント

  • 1kwの発電で発生する2.8kwの排熱を利用する
  • 学習機能で電気・給湯・暖房の使用が多い時間帯を中心に運転
  • 補助熱源機が内蔵でタンク内にお湯がなくても湯切れの心配がない

エネファーム

エネファームとは?

エネファーム エコウィルと同じく家庭用コージェネレーションシステムだがこちらは家庭用燃料電池を使ったコージェネレーションシステム。燃料電池とは水の電気分解の逆応用の原理を利用したもので、水素を燃料として電気をつくる。燃焼を伴わないので窒素酸化物や硫黄酸化物、CO2もほとんど発生しない。排出するのは水だけで、その水も燃料の改質時に利用する仕組みです。家庭に導入出来る発電システムとして最も新しい技術です。

家庭用燃料電池ではガスなどから燃料となる水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させることで電気をつくります。燃料(水素)自体が持っているエネルギーを直接電気に変換するため発電効率が高くなります。またエネファームでは排熱も利用するため総合的なエネルギー効率は80%程度になります。

低騒音・低振動

エネファームの給湯能力は24~27号、エコウィルと同じく補助熱源を持っているので湯切れの心配もありません。またエコウィルと大きく違う点と言えばエンジンやタービンが必要ないため、騒音や振動がほとんど発生しない。他の発電装置と比べてたいへん低騒音・低振動です。

エネファームを選ぶポイント

  • 水素と酸素の化学反応で電気をつくる燃料電池を利用
  • 発電時の排熱を利用するため、エネルギー効率が高い
  • エンジンがいらないため低騒音・低振動